PageTop

RESULT


2013.11.11

おとうさんは悪役パンダのプロレスラー その2

アルバイトを終えて帰ってきたパンク・ザ・パンダ。

いつもは出迎えてくれる、最愛の娘であるクマ子の姿がなかった。

 

あれ、クマ子?

「あれ、クマ子?この中かな?」

 

ばあ!

「ばあ!」

 

グーグー

「グーグー」

 

おとうさんの帰りを待ちながら、いつの間にか自分の部屋(ニトリで2980円)で寝てしまっていたクマ子。

 

おとうさんに起こされて、ちょっと恥ずかしい年頃。

 

おとうさんは入ってこないでー!

「おとうさんは入ってこないでー!」

 

ささ、一杯どうぞ!

「なんてウソ。お仕事おつかれさま。ささ、一杯どうぞ!」

 

「おとうさん、今日のお仕事はプロレス?」

 

「いや、今日は道路工事の…、う、うん。プロレスだよ。もちろん。おとうさんはプロレスラーだからな。」

 

「ねえ、明日は早く帰ってこれる?」

 

「ごめんな。実は明日から一週間営業…いや試合が入っていて、ちょっと遅くなりそうなんだ。」

 

「そうなんだー。でもクマ子大丈夫だよ。全国のファンがおとうさんを待っているんでしょ?」

 

「クマ子、ごめんな。グーグー」

 

むにゃむにゃ

「むにゃむにゃ」

 

 

「あー、寝ちゃった。お酒強くないのにな。…おとうさん、どんな仕事でも、クマ子はおとうさんの味方だからね。」

 

「…」

 

 

ということで、家族の協力のもと、立ち飲みイベントに臨むパンク・ザ・パンダでした。