PageTop

RESULT


2014.02.12

死闘!雪上の大合戦!

関東に記録に残る大雪が降った翌日、我らがMAPWのエースチームであるマスクド・タイガーとオクトパス・デビルは、道場近くの公園へとやってきました。

 

「せっかくだから外に出てみたけど、寒くない?」「おいどんは佐渡出身だから、こんなのはヘッチャラだっちゃ」

「せっかくだから外に出てみたけど、寒くない?」「おいどんは佐渡出身だから、こんなのはヘッチャラだっちゃ!」

 

そこにどこからか飛んできた雪玉がドーン!

 

「ぎゃ!」「ぬお!」

「ニャ!」「痛い!石入りだっちゃ!」

 

雪玉を投げた犯人は…

 

「やあ、ご機嫌いかがかな?」「ギギギ…」

「やあ、ご機嫌いかがかな?」「ギギギ…」

 

でました、MAPWの悪役軍団、パンク・ザ・パンダとアライグ魔・ザ・スカルです。

 

「」「」

「北国育ちの熊としては、雪の日はなんだか燃えちゃうんだよねー!」「うそつけ、毎年冬眠しているくせに!」

「」「」

「この負け犬、いや負けパンダ!」「ふごぉ」

 

「」「」

「お前の相手は俺がやるっちゃ!」「ガガガ!」

 

「」「」

「ガガガ稲綱おとし!」「ぎゃふーん」

 

「」「」

「ハイハイハイハイ!」「え、そこから…」

 

「」「」

「キャット空中三回転プレス!」「げふー!」

 

「」「」

「なにすんだこのトラネコ!パンダボム!」「フニャ!」

 

そんなこんなの雪上の大合戦(略して雪合戦)が数十分続きましたが、降り積もった雪がダメージを吸収するようで、どうにも決着がつきません。

 

「」「」

「はあはあ」「ひいひい」

 

パンダ:「ちくしょう、こうなったら芸術で勝負だ!」

 

タイガー:「わかった、雪像対決だにゃ!」

 

ええと、よくわかりませんが、さっぽろ雪まつりリスペクトな感じで、お互いが雪像を作るようです。

もはや何を競っているのかは、当事者にしか理解できません。

今だったら冬季オリンピックにインスパイアされてもいいと思うのですが。

しかし、これがMAPWクオリティ!

 

「」「」

「せっせ、せっせ」「ガガガ、ギギギ」

 

「」「」

「えいさ、ほいさ」「えっちら、おっちら」

 

「」「」

「できたー!スーパー・ホワイト・パンダ!」「それって白熊では…」

 

「」「」

「こっちはオクトパス・スノー・モンスターだ!」「だっちゃ!」

 

「」「」

「おまえ達、なかなかやるじゃないか」「ふん、そっちこそ」

 

やっぱりよくわかりませんが、どうやらお互いが五分五分の出来だと判断した模様です。

 

タイガー:「やいやい、今日のところはノーサイドということで、この雪像を合体させようじゃないか」

 

パンダ:「おう、やってやるって!今日だけは雪だけに水に流してやる!雪だけにな!」

 

全員:「合体!」

 

「」「」

「スーパー・ホワイト・スノー・オクトパス・ウルトラ・グレート・パンダ・モンスター!」

 

グラグラグラ…

 

「」「」

「ぎゃー!」

 

 

オクトパス:「ひえー、冷凍食品になっちゃうっちゃ!」

 

パンダ:「こら、痛いじゃねえか!やっぱりお前らとは気が合わねえ!」

 

タイガー:「おう、こっちのセリフだ!またいつでも、やってやるって!」

 

スカル:「ガッガガガって!」

 

 

ええと、どうやら、両者の溝はさらに深まっただけのようです。

都会に降った雪のように、すぐに雪解けムードとはなりませんね。

 

引き続き、オリンピックをお楽しみください。