PageTop

NEWS


2013.11.25

粟島のゆるキャラ、泡姫ちゃんについて

先日、当団体の覆面レスラーであるオクトパス・デビル選手が、新潟県にある小さな離島、粟島というところにいってきました。

そこのゆるキャラ「泡姫ちゃん」が、ネット上でちょっと話題になっているので、せっかくなので泡姫ちゃんについてご紹介します。

 

まず、これが泡姫ちゃんのイラストです。

 

これが噂の泡姫ちゃん。

これが噂の泡姫ちゃん。

 

最初は普通のゆるキャラだと思ったのですが、よく見ると粟島の「粟」ではなく、「泡」であり、「乙姫」でもなく「泡姫」です。

 

そのセクシーな泡まみれの姿、そして意味深なイス、突っ込みどころが満載。

 

そんな泡姫ちゃんがいるのは、新潟県の小さな離島、粟島。

 

新潟県村上市の岩船港からフェリーか高速船で渡ります。

新潟県村上市の岩船港からフェリーか高速船で渡ります。

 

フェリーで一時間半、高速船(冬場はお休み)で一時間弱の気持ちいい船旅。

フェリーで一時間半、高速船(冬場はお休み)で一時間弱。

 

粟島は、粟島浦村という自治体です。粟島浦だけに浦島太郎ということで乙姫かとおもったら泡姫というヒネリでしょうか。

粟島は、粟島浦村という自治体です。粟島浦だけに浦島太郎ということで、乙姫かとおもったら泡姫というヒネリでしょうか。

 

この島にある唯一の温泉、おと姫の湯というところに、泡姫がいます。

この島にある唯一の温泉、「おと姫の湯」というところに、泡姫ちゃんがいます。

 

こちらが泡姫ちゃん。Tシャツが各種売られています。

こちらが泡姫ちゃん。ロビーでTシャツが各種売られています。安い。

 

イラストは3種類あります。どれもセクシー&どじっ子な感じ。

イラストは3種類あります。どれもセクシー&どじっ子な感じ。

 

何年かに一度、新イラストが登場するようで、泡姫ちゃんは現在3パターンあるようです。

 

ここで一応説明しておきますが、おと姫温泉はごく普通の温泉で、いやらしい要素はゼロです。

足ツボマッサージすらありません。

湯船からは粟島漁港が見える、いい感じの温泉です。

この健全な温泉限定でなぜか発売されているのが、泡姫ちゃんのセクシー&キュートなTシャツ。

 

泡姫ちゃんは「粟島オリジナルのゆるキャラクター」と書かれていますが、粟島の公式なゆるキャラは「タイボーくん」です。

 

これがタイボーくん。コロッケを宣伝しているのは、ジャガイモが名産だから。

これがタイボーくん。コロッケを宣伝しているのは、ジャガイモが名産だから。

 

泡姫ちゃんというのは、粟島を愛する映画監督の松本卓也さんが、2007年におこなわれた粟島映画上映会というイベント用につくったオリジナルキャラクターで、島民の税金を使って作っている類のものではないのです(ここ大事)。

 

いってみれば、一種のシャレ。

 

宿泊先の民宿の人に泡姫ちゃんについて聞いたら、「そんなの知らない」といっており、島内で知っている人はほとんどいないような感じでした。

なぜなら泡姫ちゃんは、温泉でお土産用Tシャツの柄としてだけ存在しているのだから。

島民は温泉でTシャツを買わないですよね。

 

でですね、今日、池袋でおこなわれたアイランダーという全国の離島大集合なイベントに行ったら、泡姫ちゃんの生みの親である松本卓也さんがいらっしゃって、Tシャツを売っていたんですよ。

 

まさかの出会い!

こちらが松本さん。まさかの出会い!

 

この泡姫ちゃんブームについてちょっと話を伺ったら、「7年も前の話なのにねー。あはは。」と笑っていました。

そして粟島のブースにいた島民の人たちも、泡姫ちゃんのTシャツを積極的に着たりしていて、その話を振ると「あはは。いいでしょー。」と笑っていました。

 

泡姫ちゃん!お久しぶり!

泡姫ちゃん!お久しぶり!

 

 

ということで、粟島の人達は泡姫ちゃんというセクシーな存在を、ちゃんと「シャレ」として受け止めており、誰も目くじら立てて怒ったりはしていないようです(たぶん)。

島の住人が笑って許している問題(たぶん)を、島外の人間がギャーギャー騒ぐのは野暮の極み。

 

で、何が言いたいかというと、泡姫ちゃんをきっかけに粟島という存在を知った人がいたら、そのついでに泡姫ちゃん以外の粟島の魅力を、知ってみるのもいいですよということだったりします。

 

粟島のメインストリート。周囲約23キロ、人口350人くらいなので、超のどか!

粟島のメインストリート。周囲約23キロ、人口350人くらいなので、超のどか!

 

民宿はたくさんあり、食堂や商店もいくつかあります。

民宿はたくさんあり、食堂や商店もいくつかあります。

 

あわしま屋で食べた、ラーメンらしいラーメン。

あわしま屋で食べた、ラーメンらしいラーメン。

 

島の反対側にいくと、かもめ食堂という、どっかで聞いたような食堂もある。

島の反対側にいくと、かもめ食堂という、どっかで聞いたような食堂もあります。

 

磯ラーメンというのを頼んだら、タコとかサザエが入っていました。

磯ラーメンというのを頼んだら、タコとかサザエが入っていました。

 

信号は、学校の前に一つあるだけ。

信号は、学校の前に一つあるだけ。

 

向こうに見えるのは本州。海がとてもきれいな場所です。

向こうに見えるのは本州。海がとてもきれいな場所で、当然魚がうまい。

 

秋にはタコを捕まえる体験ができます。

秋にはタコを捕まえる体験ができます。

 

あわしま牧場という、乗馬体験ができる牧場が海岸沿いにオープン。

あわしま牧場という、乗馬体験ができる牧場が海岸沿いにオープン。

 

この島に、昔は野生馬がいたそうですよ。

この島に、昔は野生馬がいたそうですよ。

 

馬に乗って海岸線を散歩したりできます。

乗馬をしたことがなくても、馬に乗って海岸を散歩したりできます。

 

島内に酒蔵はないですが、粟島の水を使った、粟島限定販売の日本酒がおいしいです。

島内に酒蔵はないですが、粟島の水を使った、粟島限定販売の日本酒がおいしいです。

 

島唯一のお菓子屋さん、松栄堂の勝ちゃん。

島唯一のお菓子屋さん、松栄堂の勝ちゃん。

 

勝っちゃんが島の小豆を使って作ったどら焼きみたいなお菓子、千代華がおいしい!

勝っちゃんが島の小豆を使って作ったどら焼きみたいなお菓子、千代華がおいしい!

 

レンタサイクルで3時間もあれば島を一周することができて、これが絶景スポットだらけ!

レンタサイクルで3時間もあれば島を一周することができて、これが絶景スポットだらけ!

 

泡姫ちゃんのTシャツを買いに、わざわざ粟島へいってみるという旅は、シャレが効いていていいと思います。

旅のきっかけなんて、そんなものでいいんじゃないでしょうか。

 

こういうのを炎上商法っていうんですかね。島だけに海上商法かな。あるいはステマ。

我らがMAPWとしても、勝手に泡姫ちゃんを立体化させて、粟島で「泡姫ちゃん VS オクトパス・デビル ノーピープル・ノーモラル ヌルヌルびしょ濡れデスマッチ」でもやりましょうかね。

 

 

以下、粟島の参考記事です。

たまにオクトパス・デビルが出てきます。

 

粟島観光のススメ1:自転車で回れる日本海の小さな離島

粟島観光のススメ2:海を見ながらホーストレッキングができるあわしま牧場

粟島観光のススメ3:粟島の食、わっぱ煮、芋の花もち

磯ダコ捕りツアー in 粟島

 

泡姫ちゃんの存在が、よくわからない圧力によって、水の泡と消えませんように。